MENU

収入のない専業主婦が借りられるローンは銀行カードローンだけ!

お金を借りる方法は消費者金融やクレジットカードで現金を借りるキャッシング利用もありますが、
自分自身に収入のある人のみが使える手段となり、無収入の専業主婦は利用できません。

 

2010年の6月に貸金業者がお金の貸付をする際に守らなければいけない、総量規制という法律が新しくできました。
無収入の人や貸す金額に制限をかける内容です。
貸金業者は貸しすぎ・借りすぎを防止するために、返済能力をしっかり確認(審査)することが義務化されました。

 

この総量規制は消費者金融とクレカのキャッシング枠利用が当てはまりますが、銀行運営のカードローンは当てはまらず、
法律的に誰にいくらまでしか貸してはいけないとは決まっていません。

 

配偶者に毎月安定した収入がること、必要書類である身分証明書の提出ができることのみが条件です。
上記を満たすことができれば、銀行のカードローンなら専業主婦でもOKです。

 

生活費・冠婚葬祭など借りたお金の使い道は自由!
何に使うかを伝えなければいけないこともありません。

カードローンで借りても家族にばれない

電話や郵送でも申込めますが、インターネットで申込むWEB契約が主流となっています。
来店不要でスマホからでも時間を気にせずいつでも申し込み可能。

 

申込に配偶者の同意書や収入証明も必要なく、難しい手続きもないので自分1人で申込めます。
契約者本人を確認するために身分証明書だけは必要です。

 

カードローン利用専用のローンカードは銀行名入りの封筒で届きますが、カードローン名は書かれていません。
利用明細もWEB明細に変更できます。

 

審査の最終では自宅に電話連絡をして申込者を確認する在席確認が行われます。
必ず行われ断ることはできませんが、オペレーターは『田中と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?』と連絡します。
社名を名乗ることはありません。

 

バレない配慮がきちんと考えられています。

カードローンに申込んだときの審査

申込み後に審査があり、審査通過すれば契約、借り入れという流れで手続きが進みます。

 

専業主婦が返済するのは夫の収入が頼りとなります。
本人はもちろん、配偶者である旦那も審査対象になります。

 

各銀行によって審査基準が若干違いはありますが、さほど大差はありません。
安定収入と返済能力を事前にチェックされます。

借入可能な限度額

申込時にいくら借りたいかの金額を入力しますが、専業主婦は最高でも30〜50万円で制限されています。
これは最も多く借りられる人の金額で、10万円までしか借りられない人もいれば、25万円借りられる人もいます。

 

審査で返済能力を考慮して、必ず返せる額が最高限度額として決定されます。

 

返済能力があると評価された場合、10万円借りたいと申込んでも銀行側から20万円までOKの連絡が来ることも。
毎月の返済の負担を考慮し、大きな金額を借りることはできませんが、家計が苦しくなったときに役立つ金額は借りられます。

月々の返済

借入残高によって、毎月の必ず返済しなければいけない金額があらかじめ設定されています。
10万円借りた場合、2,000円〜10,000円とローン会社によって違いがあります。

借入残高が10万円のときの最低返済金額

最低返済金額 カードローン会社名
2,000円 じぶん銀行カードローン
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック
3,000円 イオン銀行カードローンBIG
イオン銀行カードローンBIG
新生銀行カードローンレイク
5,000円 セブン銀行カードローン
東京スター銀行カードローン
(カードローンタイプ)
10,000円 みずほ銀行カードローン
東京スター銀行カードローン
(ネットローンタイプ)

借りた金額を何回で返済するのかによっても返済額に違いが出てきます。
公式HPに返済シュミレーションが用意されているローン会社もあります。
事前に条件を入力して確認できます。

専業主婦におすすめのカードローンは?

メガバンクか大手都市銀行のカードローンがオススメ!
お金を借りるには不安がつき物。
身近にある信頼できる銀行からの借り入れなら安心です。

 

まずは知名度のある銀行カードローンであること、次に金利が安いものや即日融資の条件に合うものを選んでください。、

 

心配なことがあれば、公式ホームページにお問い合わせのフリーダイヤルが書かれています。
申込む・申込まないに関わらず相談だけでもできるので、利用して下さい。